勉強のススメ

2019.04.10

勉強のススメ

資格試験、入学試験、定期テストetc・・・。

勉強する機会は学生に限らずあらゆる場面であるかと思います。

 

それでみなさんは、勉強するとしたらどういうふうに行っているでしょうか。

 

中には休みの日にまとめてする(集中型学習)という方もいらっしゃると思いますが、

効果的に記憶するには、毎日スキマ時間を使って(感覚型学習)の勉強が有効とされています。

 

これは「初頭効果」といい、学習時の最初と最後は記憶に残りやすいためです。

こうしたスキマ時間は、初頭効果を得られるチャンスが多く

しかも積み重なると1日だけでも結構な勉強量になりますよ。

 

また、復習時間をかけずに頻繁に行いましょう。

代わりに、これを頻繁に行うことで膨大な量の分野も

しっかりと記憶に残すことが出来ます。

 

例えば新番組のドラマを見始めたとして、初めは登場人物の名前や主題歌は

なかなか覚えられないと思いますが、話数が進むごとにキャラ名etcは

普通に覚えていますよね。

 

それくらい復習の繰り返し自然と脳に定着しやすいのです。

イメージ的には薄く幾重にも重ね塗りするような感じです

 

今回は記憶に残りやすい勉強法と復習の仕方について

ご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

 

勉強は焦らず、何度も繰り返すほど効果が出やすいので

ゆとりを持った学習計画を立てていけるといいですね



院長 姜 琇敏