アゴのお話です

2019.04.10

アゴのお話です

 

 

口を大きく空けた時、「パキっ」とアゴの付け根が鳴ることはありませんか

 

それはもしかしたら顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれません。

顎関節症は、アゴが開かない、口を動かすと痛みがあるといった症状ですが、

成人の二人に一人はこれに当てはまると言われています。

 

これが悪化すると、アゴに痛みが出るだけでなく

口が2,3センチしか開かなくなったり

筋肉疲労による血行障害で、慢性的な頭痛や肩こりが

起きたりしやすくなります。

 

これを防ぐためにも、日常生活で以下の習慣がありましたら治すようにしていきましょう。

・寝る時に右or左ばかり向いている

・硬くて高い枕は控える

・うつ伏せで寝ない

・カバンを右or左ばかりにかけない

・歯の治療は短く

・会話やカラオケは長くならないように

。フルートやバイオリンなどの演奏を避ける

 

意外とアゴの不調身体の広い領域で影響が出てきます

もし今の症状が普段の生活で支障があったりしたら

我慢せずご気楽に相談へいらしてくださいね



院長 姜 琇敏